未分類

No Image

谷尾和昭さんにとって、幼いころの印象的な記憶は、朝日がだんだん上っていき、そして夕日がだんだん沈んでいく。そんな、田舎のとてもゆったりした時間だそうです。

谷尾さんにとっては、今でもそれは特別な風景のようです。田舎に帰った ...

PAGE TOP