谷尾和昭の剣道生活

谷尾和昭さんは剣道もかなりお上手で、強くて、演技も上手な魅力的な俳優さんです。整った顔立ちの正統派イケメンの谷尾和昭さんですが、
高校の頃、オーディションに受かり、舞台にご出演された時、毎日しごかれる日々で、みんなは楽しく高校生活を送ることができているのに、
と思われて、暫く芸能活動を休まれたご経験もおありだそうです。

しかし、ある舞台をご覧になられ、衝撃を受け、なぜ自分が出てないんだろうと、悔しいとの思いをもたれ、その後ご復帰されたそうです。
ご復帰されてからは、たくさんお芝居の経験を重ねて、俳優として様々な表情を見せらせるようになりたいとの思いをもたれてがんばってこられました。
そして、いつかは舞台などで主演を演じられるような俳優になりたいと決意をして臨まれてこられたそうです。

高校生の時は、多感な時期に大きく感銘を受けることができるすばらしい経験をされ、前向きに自身の進む道をご選択されました。
剣道で培われた持ち前のガッツと勝負強さを発揮されながら、一つ一つの芸歴を重ねられていらっしゃいます。
ファンからの応援を受けて、ファンをもっと喜ばせることができるようにとの思いで、その後数々の舞台やドラマなどにご出演されておられます。

谷尾和昭さん曰く、学校時代はクールぶっているように見られるところもあって、なかなか友達ができなかったとおっしゃられています。
あるドラマで、ご自分とは真逆の男気あるムードメーカー的なキャラクターを演じるのには苦労されたということです。
その時に、この方は原作を読み直しながら役と真剣に向き合われ努力されて、完璧に演じておられたとのことです。

この方が主演を務められた作品の舞台のインタビューで、これまでイケメンの役を期待されることが多かったけれども、
その舞台ではそういったカテゴリーを坊主とともに捨てて、作品に挑まれるとコメントされ、コメディとして皆を楽しくさせる役作りと真剣に向き合われました。
撮影中のエピソードの中で、谷尾和昭さんは苦労について質問された時、虫が苦手で、夜に山奥で撮影していると虫が照明に集まってきて、
たまに芝居どころじゃなくなるときがあったそうです。でも、この機会に虫とも仲良くなれればと思いますと撮影での苦労について語られ、会場を和ませました。

演技にはとても定評のある役者さんですが、現場の雰囲気を和ませるようなところもあってとても好印象ですね。苦労を人に見せない努力家で頑張り屋の谷尾和昭さん、
これからもさらに芸歴を重ねていかれ、ますます素敵な俳優になっていただきたいですね。

未分類

Posted by user031


PAGE TOP